HOME > 特定社会保険労務士とは


特定行政書士とは

特定行政書士とは「行政書士が作成した申請に係る不許可処分等に対する不服申立て手続きの代理」ができる行政書士のことを言います。

例えば建設業許可、農地転用許可、産業廃棄物処理業許可など役所に対して許可を求めるべく申請した結果、不許可となった時に、その役所の判断が 納得できないものだったり、疑問がある場合、役所に対し不服申立て手続きを行うことが考えられますが、特定行政書士はその手続きを皆様の代理人として行うことが可能です。「行政書士が作成した申請に係る不許可処分等に対する」とありますので、不服申立て代理を行えるのは、あくまでもその許可申請を「行政書士が書類作成し、手続きを行った申請」に限定されるものではありますが、大切な許可申請手続きを結果が出るまでではなく、その先の「不服申立て」という最後の砦までサポートできるという意味で特定行政書士に許可申請を依頼されるメリットは大きいと言えます。

当事務所代表は特定行政書士であり、許認可申請のプロフェッショナルとして、ご依頼いただいた皆様の許可申請を最後までサポートできる体制を整え、日々研鑽に励んでおります。


是非ご相談下さい