タイトル画像

フィリピン人との国際結婚を希望される方へ

 

こんなことで困っていませんか?? 是非ご相談ください

  • 結婚したいフィリピン人がいるけれども手続きがよくわからない
  • 相手がフィリピンにいて日本に連れてきたいけどどうしたらいいかわからない
  • 日本で結婚するにはまずどうしたらいいか知りたい
  • 結婚はしたいが、国際結婚に対し不安を持っていて情報が欲しい

見積り・ご依頼フォームへGO→


最近は国際結婚をされる方も本当に増えてきました。それだけ日本もグローバル化しつつあるという表れでしょう。
特にここ東海地区で多いのが日本人男性とフィリピン人女性の国際結婚です。
ただし国をまたぐ手続きというのはそれぞれの国の法律が関係してくる為非常に複雑になります。
国際結婚となるとなおさらです。
日本人同士のように紙一枚を役所に提出して終了というわけにはいきません。
当事務所にお任せください。開業以来、多くの国際結婚手続きに関与してきた経験をフルに活用し、スムーズな結婚手続きが出来るようにサポートいたします。


(日本での婚姻手続き) ~相手の方が日本にいる場合~

まず、相手の方の在留資格があるかどうかをご確認ください。
(在留資格がない場合、あるいはオーバーステイの場合はこちらへ →)
フィリピンの方の場合、多くは「日本人の配偶者等」「定住者」「短期滞在」、ごくたまに「興業」であることがほとんどだと思います。在留資格と在留期限は必ず確認するようにしてください。

※「日本人の配偶者等」・・・
日本人配偶者と離婚をして在留期間の間に再婚を希望され、
「日本人の配偶者等」の在留資格の更新を希望される方だと思われます。
(離婚についてはこちらをご覧ください →)

※「短期滞在」・・・
原則の手続きであれば在留資格認定証明書交付申請を行うべきであるところ、
先に日本に入国して、在留期限の間に結婚をしてその後、在留資格変更を希望する方と思われます。

上記2つの場合は在留期限の中で国際結婚の手続きを終わらせなければならず時間との勝負になります。
と言いますのは手続き上フィリピン本国から、もしくは在日フィリピン大使館・領事館から取り寄せなければならない書類があり、これが非常に時間がかかるからです。よって計画的に進める必要があります。
また案件によっては、離婚手続き、在留期間更新申請、在留資格変更申請も連動し複数の手続きを同時に進めていく必要がある場合もあり得ます。
一日でも早くご相談ください。しっかりとした打ち合わせを行い、計画的に進めてまいります。

見積り・ご依頼フォームへGO→

ページトップへ↑


(フィリピンでの婚姻手続き)~相手の方がフィリピンにいる場合~

相手の方がフィリピンにいる場合は、こちらからフィリピンに行き、婚姻手続きはフィリピンで行うことになります。
その際に日本から持っていかなければならない書類があります。(婚姻要件具備証明書・戸籍謄本など)
当事務所がサポートさせていただきます。

大まかな手続きの流れ

  1. 必要書類持参でフィリピンに行き、現地で婚姻手続きを行う
  2. 婚姻証明書を発行してもらう
  3. 婚姻証明書を日本に持ち帰り、住所地、もしくは本籍地の市区町村で
      婚姻届とともに届出(報告的届出)。戸籍に婚姻の記載をしてもらう。
  4. 入国管理局にて在留資格認定証明書交付申請
  5. 認定証明書交付後、フィリピンに送付
  6. 日本大使館でビザを取得後、日本に入国     となります。

当事務所のサポートは日本に帰ってきてからの③と④の手続きに関してがメインとなりますが、
ここでも出会いから結婚に至るまでの経緯、その他仕事内容や収入面など今後、奥さんとなった方を日本に呼び寄せてからの事も打ち合わせを重ねることになります。
入国管理局への申請に不安がある方、一度申請したけれども不交付通知をもらってしまった方、是非ご相談ください。

見積り・ご依頼フォームへGO→

ページトップへ↑

(注意事項)
昨今、偽装結婚による悪質な入国が多発しています。結婚とはお二人の内心の問題が多くを占めるため、第三者から見てその結婚が本当であるかどうかを見極めることは非常に困難なのも事実です。
その為、入国管理局の審査も神経質にならざるを得ません。
当事務所は事務所方針として違法な案件には絶対に関わることはいたしません。
その為、打ち合わせを綿密に行い、その際に中身の突っ込んだご質問や要求を行う場合もございます。
その方針にご納得いただけない場合、また打ち合わせの結果、偽装結婚、あるいは疑わしい結婚であることが明らかになった場合は依頼をお断りする場合もございます。あらかじめご了承ください。

→前のページに戻る